義実家との疎遠・絶縁のきっかけと後悔や困ることとは

義実家との関係は、結婚生活において重要な要素の一つです。しかし、様々な理由から疎遠や絶縁という選択をする人も少なくありません。

夫婦間の価値観の違いや育児方針の対立、金銭問題などがそのきっかけとなることが多いです。疎遠や絶縁に至る決断は、一時的には解放感をもたらすかもしれませんが、後悔や困難も伴います。

家族行事での気まずさや子供に対する説明、社会的な孤立感などがその一例です。

この記事では、義実家との疎遠や絶縁に至った具体的なケースと、その後の後悔や困りごとについて詳しく探ります。

過度なありがた迷惑で絶縁!

"子供の育て方はこうしたほうがいい。"、とか、"あなたたちの生活をもっとこうすべきだと思う。"といった意見が、相手に悪気はないものの、受け入れがたい場合があります。

相手が善意であるほど、そのような意見に対して言い返すことが難しくなることがあります。

結果的に、絶縁ではなく疎遠になる傾向があります。

こういった点は義実家との疎遠で困ることの一つと言えるでしょう。

お金・借金・相続に関する軋轢で絶縁!

「疎遠」を超えて、絶縁となると、やはり多いのが、借金、相続などのお金の問題と言えるでしょう。

家族内で借金が発覚をしたり、財政的なトラブルがある場合、金銭的な負担を巡る対立が起きることがあります。

また、遺産をどのように分けるかについて、家族間での対立が発生することがあります。兄弟姉妹間で相続財産をめぐる争いが発生し、絶縁につながることがあります。

お金のことになると「あなたはいつも自己中心的だ!」、「お金の管理が下手くそだ!」など、攻撃的な発言が多くなります。

過去の過ちを引き合いに出す、他の家族メンバーを嘲笑したり、軽蔑の表情を見せたりすることがあり、罵倒や侮辱的な言葉を使うのです。

こうやって義実家と絶縁のきっかけ、困ることや後悔のポイントになるのです。

信頼性の欠如

コミュニケーションが不適切になると、信頼性がない発言が生じます。

例えば、平気で家庭内の秘密を外に暴露したりするとか、義実家が家庭内のプライバシーを無視ししたりするのです。

家族のプライバシーを侵害したり、家庭内の秘密を外部に暴露したりすると非常にしんどいです。

これが義実家と絶縁の一因となります。

能力、仕事、外見に対する攻撃

外見に対する攻撃、義実家が外見について攻撃的なコメントをすることがあります。

たとえば、「あなたは太りすぎだ」「あなたの服装は恥ずかしい」といった外見に関する侮辱が考えられます。

能力や資格に対する攻撃、義実家が、息子夫婦の能力や資格を侮辱するような発言をすることがあります。

たとえば、「あなたは何もできない」「あなたの学歴は低いから信用できない」といった言葉が含まれます。

また「あなたたちの仕事は価値がない」といった批判が考えられます。

そして、政治的信念、宗教的信念に対して否定的な事を言うと、泥沼化します。

義実家と疎遠になって後悔や困ることとは

正直、義実家と疎遠になることで後悔は少ないが、拒絶の意思を伝えることが難しいと言えるでしょう。

実際に、義実家と疎遠になっても後悔や困ることは少ないです。

もともと依存していた関係であれば別ですが、多くの場合は他人だったはずです。

しかし、最も困難なのは、先述した通り、拒絶を伝えることです。

その際に、相手に罪悪感を感じる人もいます。

しかし、軽い無視だけでは相手に伝わらないこともあるので、明確に拒絶を伝える必要があります。

このように、義実家と疎遠になって後悔や困ることは少ないが、拒絶を伝えること自体が難しい場合があると言えるのです。

離婚に強い弁護士が法的に解決いたします

離婚問題でお困りの方は、離婚に強い弁護士にご相談ください。慰謝料、財産分与、親権など離婚を有利に進めることができる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 慰謝料がもらえない
  2. 財産分与が妥当でない
  3. 親権がとられそう
  4. 養育費が納得いかない

離婚に強い弁護士に相談・依頼することで、相手との交渉を有利にすすめ、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ離婚に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から離婚に強い弁護士を探す

離婚問題の無料相談ができる事務所
ベリーベスト法律事務所
【港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 全国対応
  • 初回相談無料
  • 土日対応可能
離婚前・離婚後問わずどのような段階であってもお気軽にご相談ください。有利な条件での離婚をサポートし、離婚後のトラブル防止まで未然に考えて解決いたします。
離婚問題でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5447-7921
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
執筆・監修
服部 貞昭 ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
東京大学大学院 電子工学専攻修士課程修了
新宿・はっとりFP事務所 この執筆・監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!