アイフルからの借入対応|督促状・通知書が届いたら

アイフルは、価格.comが実施したカードローンカテゴリ人気ランキングで、2021年下半期総合1位を獲得した大手消費者金融です。

WEB申し込みなら最短25分で融資を受けられます。24時間365日いつでも振込がされるので、急にお金が必要になった時などに便利と言われています。
また、スマホアプリで申し込むと、来店や郵送物も必要なく、原則として全ての手続きをスマホで完了させることができます(スマホローン)。限度額の変更もスマホアプリから可能です。

申し込みの簡単さだけでなく、全国のコンビニに約70,000台の定型ATMが存在するため、気軽に利用できるローンと言えるでしょう。

しかし、その手軽さ故に、軽い気持ちで借入してしまい、無計画なまま返済額が膨れ上がってしまうケースもあるようです。

アイフルからの借入を滞納すると、翌日から督促・取り立てが行われます。滞納期間が続けば督促は厳しいものになり、最終的には財産の差し押さえ(強制執行)にまで発展するでしょう。

この記事では、アイフルのローンを延滞した結果、督促に苦しんでいる方・差し押さえが行われそうな方に向けて、その対処法を解説していきます。

1.アイフルの借入を延滞した後の流れ

まず、アイフルからの借入を返済できずにいるとどうなるのか、その流れを解説します。

1-1.督促・取り立て

アイフルからの借金の返済を一日でも滞納すると、アイフルから督促の電話がかかってきます。

しかし、最初の督促は穏やかなもので、「支払いがされていませんが、何かありましたか?」「いつ頃支払いができますか?」という、確認の意味を込めてのものになります。
電話の時に「この日までに払います」などと言えれば、その約束の期日まで督促はありません。

そもそもアイフルは、貸金業法に則った企業であるため、債務者の生活を害するような不当な取立てを行うことはありません。早朝深夜の来訪・張り紙・家の前で怒鳴るなど、貸金業法に違反するような過度な取り立ては行われませんので、ご安心ください。

しかし、滞納から日が経てば経つほど、アイフルからの督促の内容は厳しいものになって行きます。
滞納から1〜2週間後には自宅に督促状(封筒、ハガキ)が送られてくるほか、電話での取り立ても継続するでしょう。

場合によっては、自宅の電話や勤務先にも連絡が来るケースも考えられます(しかし、電話先の担当者がアイフルを名乗ることはありません)。
なお、アイフルは担当者が自宅や勤務先に訪問をすることはないとしています。

また、滞納の翌日から遅延損害金が発生します(利息とは別のものです)。

アイフルの実質年率は最大18%、遅延損害金は上限利率の年20.0%が適用されます。滞納が続けば続くほど、支払わなければならない金額は膨れ上がっていくのです。
(※アイフルでは、はじめてアイフルと無担保キャッシングローンを利用する場合、最大30日間利息0円のサービスを提供しています)

参考:お利息|アイフル公式サイト

ちなみに、アイフルは再振替をしていないので、引き落としができなかった場合には、アイフルATM・提携ATM・振込みで返済をすることになります。

1-2.ブラックリストに掲載される

借入を2ヶ月ほど滞納していたり、短期の延滞を繰り返したりした場合、「ブラックリスト」に掲載されてしまいます(債務整理をした場合も同様です)。

「ブラックリスト」は正式な名称ではありませんが、金融機関同士の情報ネットワーク(信用情報機関)で「この人は過去に借金を約束通りに返済しなかったことがある」という情報が掲載されることを示します。

アイフルに限らず、銀行や消費者金融への返済を怠ると、このネットワークに事故情報が登録されてしまいます。

消費者が加盟会員会社のクレジットカード、ローンなどを新たに利用する際には、加盟会員会社がその消費者の信用力(支払い能力)を判断するために、信用情報機関に登録されている信用情報を確認します。

ここで、過去に延滞していたという事実が確認されると「この人にお金を貸しても返ってこないかもしれない」として、その後5年ほど審査に落とされてしまうのです。

掲載期間中は、原則として新たにローンを組めず、またクレジットカードを新規作成すること・更新することもできなくなります。
すなわち、延滞してブラックリストに掲載されたら、アイフルを始めとした貸金業者からお金を借りることはしばらくの間不可能ということになります。

1-3.一括請求、債権回収会社からの督促

ブラックリストへの掲載と同時期(最初の滞納から2ヶ月ほど経過後)に、アイフルから「一括請求書」「期限の利益喪失通知書」が送られてくることも考えられます。

また、アイフルが債権回収会社(サービサー)に回収業務を委託し、アイフルに代わって「アストライ債権回収」や「高橋裕次郎法律事務所」から「債権譲渡通知」というものが送付されることもあるでしょう。

アイフルや債権回収会社は、長い間借金を返さない債務者に残務の一括払いを要求します。
これは、長期に渡り滞納したことで、「債務者はこの期日までは返済をしなくても大丈夫です」という「期限の利益」を喪失してしまうことになるからです。

ここまで滞納していた借金を一括で支払うことは不可能でしょう。
このような通知が届いても放置を続けた場合、次に説明する強制執行の手続きを取られてしまう可能性が高いですので、本格的に弁護士などの専門家への相談を考えるべきと言えます。

【23万件以上の相談実績を誇ります】
アヴァンス法務事務所
相談予約は24時間受付中! ]

平日も夜9時まで営業中

平日も夜9時まで営業中

最近では、任意整理においてお客様側に不利な条件を提示する金融会社もありますが、アヴァンスでは「安易な和解」を良しとせず、お客様にとってより良い条件を模索します。 23万件以上の相談実績・ノウハウをもとに、認定司法書士がお客様のお話を伺った後で、お客様の生活に寄り添った最適な債務整理のプランをご提案いたします。
まずは無料相談

1-4.差し押さえ(強制執行)

アイフルからの一括請求・最終通告の後も支払わずにいると、次には裁判所から「支払督促」が届きます。これは、アイフルが裁判所に申立て、金銭の支払いを求めているということです。

支払督促に対しては、異議申立書が同封されています。債務者はこれを2週間以内に返送して、「異議申し立て」をする必要があります。

異議申し立てをしないと「仮執行宣言付支払督促」が送付され、これの到着後には財産の差し押さえなどの強制執行が可能となってしまいます

関連記事
債務の強制執行
強制執行とは?|差し押さえまでの流れと生活への影響
消費者金融からの借入やクレジットカードの支払い、住宅ローン、家賃、携帯料金など、あらゆる借金を滞納し続けると、債権者…[続きを読む]

なお、裁判所を通して借金の返済を求める手段には「訴訟」の提起もありますが、これは手間のかかる手続きなので、アイフルなどの消費者金融が利用することはほとんどないでしょう。

2.アイフルからの借入延滞の対処法

このように、アイフルからの借金を滞納・延滞した場合、強制執行により財産(給料・預貯金・持ち家・車など)が処分されてしまったり、ブラックリストに掲載されてしまったりと、様々な不利益を受けます。
特に給与を差し押さえられると、手取り額が減ってしまうため、生活への影響が多大になります。

関連記事
給与差し押さえられた!どうすれば解除できるの?
借金や奨学金などの支払いを長期で滞納していると、債権者から支払督促や訴状が届き、最終的には給与(給料)を差し押さえら…[続きを読む]

アイフルはスマホローンや即日融資で家族に内緒で借りやすいのも特徴ですが、督促が続けばその内緒の借金もバレやすくなってしまいます。

利用者が取ることのできる対処法として、以下のようなことを早めに行うことをお勧めします。

2-1.アイフルに直接連絡する

何らかの都合で返済が遅れることが予め分かっている場合は、会員メニューから「次回返済期日の変更(猶予)」で変更するか、会員専用ダイヤル(0120-109-437/平日9:00~18:00)へ連絡をしましょう。

返せない理由や、いつ頃返せるかなどの事情を話すことで、返済の期日を調整してもらえる可能性があります。
こうすることで、次の期日まで督促に悩まされることはありませんし、約束の日にしっかりと支払えばブラックリストへの掲載も免れます。

もちろん、返済期日を過ぎてしまった場合でも、アイフルに連絡を入れるようにしましょう。遅れた理由や次の返済予定日を伝えることで、その後に続く督促をストップすることができます。

なお、どうしても返済日までに返済金額が準備できない場合、アイフルは一時的に当日までの「最低金額」の返済をすることを推奨しています。

参考:どうしても返済日までに返済金額が準備できない場合はどうすればよいですか?|アイフル公式サイト、よくある質問

2-2.弁護士に債務整理の相談をする

借金の金額が大きすぎる・収入がなくなったなどの理由で分割払いも難しい場合は、債務整理を行うことを検討しましょう。

債務整理は、借金を整理し、債務の負担を軽減する手続きのことです。
債権者との交渉や法的手続きによって、借金の減額・免除・返済スケジュールの延長を認めてもらいます。

  • 自己破産
    裁判所での破産手続を通じて、債務を全額免除します。
  • 個人再生
    裁判所での個人再生手続により、すべての債権者に対する債務を大幅に減額した上で、返済計画のリスケジュールを行います。
  • 任意整理
    裁判所を通さずに債権者と個別に交渉を行い、債務の支払内容の変更(減額・支払いスケジュールの延長など)について合意します。

それぞれの方法にはメリット・デメリット、注意点があり、いずれも一長一短です。
したがって、どの手続きを利用するかを選択する際には、債務者の状況(収入や債務の総額)を分析した上で決定する必要があります。

どの債務整理方法を選択すべきかについてのアドバイスを受けるためにも、債務整理は弁護士に依頼をして行うのが通常です。

弁護士は債権者との交渉(任意整理)や、裁判所での手続き(自己破産・個人再生)を代行してくれるので、失敗もなく、スムーズに債務整理を進めることができるでしょう。

パチンコなどのギャンブル依存症による借金、生活をしていくための借金、家族から肩代わりした借金など、借金をしてしまう原…[続きを読む]

3.アイフルからの督促・差し押さえにお悩みなら弁護士へ

アイフルの借金を重ねて返しきれなくなった場合には、督促や差し押さえに日々悩むことでしょう。
特に一括返済の請求がきた時点で、自力で生活を立て直すことは難しいです。

アイフルからの借入を返せずにお悩みの方は、今以上に延滞金が嵩み返済が厳しくなる前に、弁護士に相談をして債務整理をすることをおすすめします。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

債務整理の無料相談ができる事務所
【大阪府・大阪市】
ウイズユー司法書士事務所【債務整理】
  • 相談無料
  • 迅速対応
  • 闇金対応可能
債務整理に精通している当事務所には、多くの解決実績・お客様の声があります。借金問題の経験豊富な当事務所に安心してお任せください。
借金でお悩みなら今すぐ専門家にご相談を
0120-379-041
[電話受付]毎日 24時間対応
この記事が役に立ったらシェアしてください!
監修
弁護士相談Cafe編集部
弁護士ライター、行政書士資格者、FP(ファイナンシャル・プランナー)を中心メンバーとして、今までに、債務整理に関する記事を1,000以上作成、監修。
プロフィール この監修者の記事一覧