アトラス総合法律事務所について

離婚を迷っている段階の準備から、離婚を有利に進めるためのアドバイスをいたします。
男性・女性問わず多くの方から、財産分与・養育費の取り決め・親権の獲得などの問題をご依頼いただいてきました。相手には秘密のままご自身の損失を抑える方法を考え、個別のケースに応じて実施します。

対応分野

  • 離婚前相談
  • 離婚協議
  • 離婚調停
  • 審判・裁判離婚
  • 養育費
  • 財産分与
  • モラハラ離婚・DV離婚
  • 不倫・離婚慰謝料
  • 親権・面会交流
  • 年金分割

費用

初回相談無料・分割払い可

私たちに依頼するメリット

  • 離婚調停への対応による早期解決が得意
  • 不利になりやすい男性側からの依頼も多数
  • 依頼者にとっての最善の解決方法のご提案
  • 全国対応・出張相談可能

離婚の事前準備からアトラス総合法律事務所にお任せ

夫婦の離婚は人生の一大事であり、本人にとってはその後の人生を左右することです。
「たかが夫婦喧嘩」ではありません。当事務所は全てのお悩みに真剣に向き合い、ご相談者様・ご依頼者様にベストな解決方法をご提案します。

男女の問題は、お互いの感情が複雑に絡み合います。感情的になって家を飛び出し別居したり、深く考えないまま離婚届に判子を押したりしてしまうこともあるでしょう。

しかし、離婚は実際にアクションを起こす前、離婚を迷っている段階からの準備が大切です。

例えば財産分与に関わる資料をまとめる前に別居してしまうと、いざ離婚に際して財産分与をするときに、相手方が資料を処分しており、財産の証明ができないかもしれません。
また、相手が不貞行為(不倫)をしている場合は、その証拠を集める必要があります。証拠を集める前に別居や離婚をしてしまうと、有効な証拠を集める機会を逃してしまうおそれがあります。

当事務所にご相談いただければ、相手には秘密のまま、離婚時にご自身の損失を抑える方法を、個別のケースに応じてアドバイスいたします。
さらに、離婚協議などの場合にも、予め事情を知った弁護士が立ち会うことで、法律的な要素を交えながら協議を有利に進められます。

離婚のことが頭によぎったら、ぜひ当事務所へご連絡ください。

アトラス総合法律事務所の離婚問題への取り組み

調停制度の有効活用

離婚をする場合、お互いに話し合う「協議」、裁判所で調停委員を介して行う「調停」、それでもお互いが納得しない場合の「訴訟」(いわゆる裁判)という3段階の方法があります。

当事務所が中でも得意としているのは「調停」への対応です。ともすると感情のぶつけ合いに終止する協議と違い、調停は調停委員が間に入ることで前向きな話し合いができます。
裁判に発展すると時間もお金も労力もかかるため、調停をうまく使うことが大切だと当事務所は考えております。

調停は離婚を迷っている段階の夫婦でも利用できる制度です。「調停を利用した結果、仲直りした」という例も少なくありません。
反対に、離婚の意思が固まっている場合は、調停を利用することで離婚する意思を見せて、離婚に応じない相手を話し合いの場に引っぱり出し早期解決に臨むこともできるでしょう。

さらに、調停の場に弁護士がいれば、法的な根拠を明示しながら話し合いを進めることが可能です。弁護士がいるだけで調停委員の信頼度は飛躍的に向上し、こちらの主張に耳を傾けてくれる度合いが圧倒的に高まります。結果的に、あなたの主張が通る可能性が大幅に上がるのです。

当事務所には調停に関する経験や実績が非常に多いです。安心してお任せください。

財産分与や養育費、親権の適正化

離婚問題時に不利になりがちな男性からの離婚相談・ご依頼を多く承ってきたためか、当事務所には男性側ができるだけ損をしないような財産分与の成立、養育費支払いの取り決め、親権の獲得などを勝ち取ってきた知識とノウハウがあります。男性だからといって諦めず、まずはご相談ください。

以下に、男性側を有利に導いた解決事例をご紹介します。

解決事例1:DV&浪費妻との離婚

50代男性の方からのご相談でした。専業主婦の配偶者が家計を管理して浪費を重ねる一方、ご依頼者様には少額の小遣い制を強いて、さらには長年の罵詈雑言などのDVがありました。

ご相談者様は離婚を決意して自宅を出ましたが、妻側は安定した生活を手離すのを嫌がり、さらにはご相談者様の不貞行為を理由として、離婚に反対していました。

妻は離婚の条件としてご相談者様が経営する会社の株式を要求されましたが、ご相談者様は自分ひとりで成長させた会社を妻に渡したくありませんでした。

この状態で「多少犠牲を払っても離婚を勝ち取りたい」という旨のご依頼をいただきました。

男性が不利になることの多い離婚ですが、有利な条件を探り当て、結果的に妻が提示してきた5,000万円を2,000万円にまで減額して離婚を成立させました。

解決事例2:住宅ローンや婚姻費用からの解放

40代男性の方からのご相談でした。ご相談者様は妻からの嫌がらせの結果、自宅を出て別居せざるを得なくなりました。しかし妻に離婚を申し入れても、具体的な話になると応じてくれないという状態でした。

別居中でも住宅ローンや婚姻費用の支払いは発生するため、経済的に厳しい状況が続いていました。

ご依頼を受けた後、当事務所は離婚停手続を申立て、夫側に確固とした離婚の意思があることを妻へ伝えました。その結果、妻が調停に出席し、離婚条件の話が具体的に進むようになりました。

夫が自宅を手放す代わりに住宅ローンの支払いから解放される旨の取り決めが行われ、無事に離婚が成立しました。

男性・女性、誰でもお気軽にご相談ください

上記には男性のご依頼者様からの事例が続きましたが、もちろん、女性の皆様からのご相談・ご依頼も幅広く承っております。

アトラス総合法律事務所は、JR神田駅から徒歩2分という便利な立地にあります。事前にご連絡いただければ19時以降でも対応可能ですので、お仕事が終わった後などにも相談が可能です。初回面談は30分まで無料です。

また、当事務所には秘密厳守の完全個室があり、お子様のためのキッズスペースも完備しております。お子様連れでもご安心して、どうぞお気軽にご連絡ください。

アトラス総合法律事務所
事務所詳細
事務所詳細
弁護士 新谷 朋弘 (あらや ともひろ) 第二東京弁護士会 No.43315
住所 〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-8-1 SRビル7F
対応エリア 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県
アクセス

JR線 神田駅南口 徒歩2分
東京メトロ銀座線 神田駅1番出口 徒歩3分
JR総武本線 新日本橋駅出入り口3 徒歩3分
東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅出入り口A10 5分

電話での受付はこちら
050-5447-7980
[電話受付] 平日 9:30~19:00

【24時間】メールでの受付はこちら

電話でお問い合わせ
受付時間 平日 9:30~19:00
定休日 土日祝
対応エリア 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県
「弁護士相談Cafe」を見たとお伝えいただくとスムーズです。
事前にご予約いただければ、営業時間外・定休日でも対応可能な事務所があります。詳しくはお問い合わせの際にご確認ください。

千代田区の弁護士事務所

  • 〒101-0047 東京都千代田区内神田三丁目2番12号 大我ビル8階
    国際的な法律問題を、多角的な視点から解決します。
  • 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-30 紀尾井町山本ビル5F
    皆様が「あたらしい」一歩を踏み出せるよう、より良い解決策をご提案いたします。全国対応ですのでご安心ください。
  • 弁護士法人THP1
    〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-1 カルフール神田ビル9階
    感情的な争いに発展しやすい離婚問題。感情面に配慮した明るい法律家にお話をしてみませんか?

千代田区の近くの弁護士事務所

  • 〒102-0084 東京都千代田区二番町9番地10 タワー麹町5階
    「依頼者が弁護士であれば実現したいと思うすべてを実現する」ことを理念とし、いわゆる「富裕層」世帯の離婚事件を豊富に取り扱っています。
  • 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町4F
    着手金無料で、養育費の未払いを代行請求する専門弁護士がいます!あなたの心配事を一つずつ解決いたします。
  • 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10F
    【顧客満足度96.7%】離婚・不倫問題について累計3,500件以上の相談を受けてきた弁護士チームが対応します。