姑が息子の嫁を嫌いな理由|何もしない、関わりたくない、しんどい!

息子の嫁に対して抱くモヤモヤした気持ち、例えば、嫌いだ、偉そうだ、喋らないから気に入らない、関わりたくない、嫁がひどい、しんどい、何もしない、理解できない、合わないなどがあります。

息子の嫁に対する気持ちの問題は、多くの姑にとって深刻な問題と言えるでしょう。

この嫌いだという心理は複雑で、様々な背景が考えられます。今回は、この問題を深掘りし、何もしない料理しない嫁、合わない嫁を姑がイライラするエピソードを交えながら解説してみましょう。

世代のギャップ|気に入らない、偉そう、低学歴だ!

世代間のギャップは、家族関係においてしばしばしんどい摩擦の原因となります。特に、息子の嫁と姑の間では、価値観の違いが顕著に現れやすいものです。

デジタル世代は非常識すぎる!

現代の若い世代は、SNSをはじめとするデジタルコミュニケーションツールを日常的に使用し、情報の共有や交流を行うことが一般的です。

しかし、これが姑から見ると時に理解しがたい行動と映り、世代間の溝を深めることになりかねません。嫁としてはしんどいことでしょう。関わりたくないとも思うかもしれません。

例えば、Instagramに家族写真を投稿することは、多くの若者にとっては家族の楽しい瞬間を友人や知人と共有する一つの手段です。

しかし、姑の世代にとっては、家族のプライベートな瞬間を無闇に公開することが、プライバシーの侵害や家族の尊厳を損なう行為と捉えられることがネットでは何もしないのがベストだという意見もあります。

その結果、嫁の行動を「非常識」と見なし、彼女の価値観や教養に疑問を投げかけることもあるのです。

教育水準の低さが問題だ!と断じる

上記の認識の違いは、姑が嫁を「気に入らない」「偉そうだ」「嫌いだ」と感じる根本的な原因となります。

しかし、さらに、姑が嫁の教育レベルや社会的背景を問題視し、「低学歴が原因だ」と結論付けてしまうこともあります。

このようなジャッジは、両者の間の溝をさらに深め、家族内のコミュニケーションを困難にしてしまいます。

このようなことで気に入らないと感じたり、偉そうだ、嫌いだ、ひどいと感じたり、酷い時は、これは低学歴が原因なんだ!関わりたくないと感じてしまうことすらあるのです。

性格悪い問題|怖い・冷たい・喋らない

単純に、嫁の性格悪い問題で関わりたくない、合わないと感じるケースもあります。

ただ、嫁が怖いからしんどい、冷たい、喋らないと感じられることは、姑嫁関係に限らず他の人間関係でも起こります。

  • 「なんでいつもそんなに厳しいのか」
  • 「目が怖い、私が何か悪いことしたのかしら」
  • 「もう少し感情を見せてくれたら、こちらもわかりやすいのに。」
  • 「いつも距離を感じる。もっと心を開いてほしい。」
  • 「どうしていつも黙ってるのか、何を考えてるのか」

こうした問題は、個人の性格悪いということやコミュニケーションに対する態度に起因するものです。

例えば、人は、一部の人は社交的であり、他の人は内向的であったり、気配りが得意な人もいれば、感情を表現しにくい人もいます。これらの違いにより、怖い、偉そう、冷たいと感じることもあるのです。

また、過去の経験によるものや、喋らないのはコミュニケーションスキルの問題、精神的な健康の問題なども起因することがあります。

価値観の違い|料理の例

価値観の違いも大きな要因です。

特に例として挙げれられることが多いのが、食文化に関してです。違いが顕著に表れやすいものです。

ある姑は、自分が作った伝統的な和食を嫁が好まないことにショックを受けることもあります。

  • 「私の料理は古臭いって思ってる?昔ながらの和食には、健康に良い理由がたくさんあるのに」
  • 「手間をかけて作った料理を、簡単に否定したな、この嫁」
  • 「私たちの時代では、これが一番のごちそうだったの。今の若い人にはわからないのかしら。」

特に若い世代では、健康やダイエットに関する情報が豊富にあり、それらを意識した食生活を送る人が増えています。

また、イタリア料理、フランス料理、中華料理など様々な外国の料理に触れる機会も多く、これらに興味を持ち、息子の嫁が、姑の古臭い料理をなめているケースもあるのです。

息子の嫁が何もしない・手伝わない・料理しない

母親が「何もしない」「手伝わない」から偉そうだ、嫌いだ、ひどい、しんどいと感じることがあります。

家事を怠る・料理しない

その一例としては、息子の嫁が家事を怠り手伝わない点です。

嫁が料理や掃除を怠ると、姑は彼女の無関心さに不満を抱くことがあります。嫁の方としては、単に忙しいと主張し、自分の時間を尊重していたりすることもあります。

また、嫁は家庭内の料理をほとんどしない、外食やテイクアウトを頻繁に利用していることすらあるので注意が必要です。料理の用意や栄養バランスに関してほとんど無関心なのです。

自分の時間を優先する

息子の嫁が自分の時間を優先し、家族との絆を築こうとしない場合、姑は孤立感を感じることがあります。

また、ひどい場合は、息子の嫁が子供の育児に関心を持たず、姑がその負担を引き受けることすらあります。

このように時代が変わり「何もしない」「手伝わない」嫁が多くなっているのは事実でしょう。

息子への過剰な思い入れで嫌いに

息子への愛情が強すぎることも、嫁との関係を難しくして嫌いにする要因の一つです。

息子が結婚することで、自分が息子から遠ざけられると感じる姑もいます。

  • 「あなたたちが結婚したからといって、私の息子への愛情が薄れるわけじゃない。私の存在を忘れないで。」
  • 「私はただ、息子が幸せであることを確認したいだけ。だからこそ、あなたたちの生活に少し関わりたいのよ。」

ある例としては、ある姑が息子夫婦の新婚旅行に同行しようとしたケースがありますが、ここまで極端ではなくても、思い入れによって、息子の嫁が気に入らない、ひどいと感じることもあるのです。

コミュニケーションの不足

しばしば、姑と嫁の間で起こる誤解は、コミュニケーションの不足から来ます。

例えば、姑が言ったことが嫁に誤解されたり、その逆もあったりします。

意図しない誤解が深刻な亀裂を生むこともあります。

「言葉の選び方」に関するものがでいえば、たとえば、姑が「もっと孫に栄養のあるものを食べさせたら?」と言った場合、嫁はそれを「私の料理に不満がある」と受け取るかもしれません。しかし、姑の本意は単に孫の健康を気遣ってのアドバイスかもしれません。

また、「生活スタイルの違い」に起因する誤解もあります。例えば、姑が伝統的な家庭の価値観を重んじる一方で、嫁がより科学的とも言える育児や家事を好む場合は、お互いのやり方を誤解し、それが摩擦につながることがあります。

同居を拒否してくる嫁

同居を拒否してくる嫁も増えてきています。

自分や夫と子供たちのプライバシーが気になっており、姑とは住みたくないと考えているケースがあります。

例えば、嫁は自分たちの生活スタイルに慣れていて、それが変わることについて嫌がるかもしれません。

また、子供たちが自分の部屋で安心して勉強したり、友達を招いたりしようとしても、姑との同居が子供たちのプライバシーを制約する可能性があると思い込んでいるのです。

そして、自分たちの家庭内でのルールや習慣に対して、姑が介入する可能性があるため、慎重に検討しようとしているのです。

同居することで日常的な接触が増え、新たな対立が生じる可能性があるため、同居を拒否してくるのです。

関連記事
義両親との同居
義両親と同居したくない|義母の存在がストレスで疲れた!うまくいく方法
義両親との同居は、姑との付き合いや生活リズムの調整など、気が進まないことも多くあります。そのため、「義実家に同居はし…[続きを読む]

まとめ

今回は、息子の嫁が嫌いな理由、何もしない手伝わない嫁が、気に入らない、関わりたくない、嫁がひどい、喋らないからしんどい!という思いを解説しました。

姑と嫁の関係は、様々な要因によって複雑化します。

しかし、お互いの価値観を尊重し、コミュニケーションを取ることで、より良い関係を築くことが可能です。

息子の嫁に対して感じるネガティブな感情は、理解と共感を持って接することで、少しずつ変わっていくかもしれません。

息子の幸せを願う気持ちは、姑と嫁両方に共通するはずです。その共通点を見つけ、理解し合える道を探ることが大切と言えるのではないでしょうか。

離婚に強い弁護士が法的に解決いたします

離婚問題でお困りの方は、離婚に強い弁護士にご相談ください。慰謝料、財産分与、親権など離婚を有利に進めることができる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 慰謝料がもらえない
  2. 財産分与が妥当でない
  3. 親権がとられそう
  4. 養育費が納得いかない

離婚に強い弁護士に相談・依頼することで、相手との交渉を有利にすすめ、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ離婚に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から離婚に強い弁護士を探す

離婚問題の無料相談ができる事務所
ベリーベスト法律事務所
【港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 全国対応
  • 初回相談無料
  • 土日対応可能
離婚前・離婚後問わずどのような段階であってもお気軽にご相談ください。有利な条件での離婚をサポートし、離婚後のトラブル防止まで未然に考えて解決いたします。
離婚問題でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5447-7921
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
執筆・監修
服部 貞昭 ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
東京大学大学院 電子工学専攻修士課程修了
新宿・はっとりFP事務所 この執筆・監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!