義姉がしんどい、嫌い、合わない|非常識とマウント、いい人なのに苦手!

義姉との関係が合わないなあ、関わりたくない、うざいなあ、しんどいなあ、というか嫌いと感じている奥様方が多いのではないでしょうか。

実際、特に非常識さを感じるケースもありますし、マウントをとってくる義姉もいます。いい人だけど苦手と感じる人もいます。

今回は、そんな義姉のしんどさと合わなさ、関わりたくないめんどくさい感じ、非常識さ、また独身ならではのしんどい感じなどを解説します。

独身義姉の非常識さとマウント癖が嫌い

非常識な義姉はよくマウントを取ってきます。関わりたくない、嫌いになる最大の理由と言えるかもしれません。

例えば、独身生活の自由を誇示しながら、結婚生活をあなたに対して見下すような発言などをします。

以下のようなセリフのオンパレードです。

  • 私は好きな時に海外旅行に行けるの。家族の都合考えなくていいから
  • あなたたち夫婦はいつも子供のことばかり。私は自分の時間を楽しんでるわ
  • 結婚生活ってそんなに素敵?私には退屈そうに見えるけど
  • 私、仕事で大きなプロジェクトを任されてるの。家庭に縛られることないからね
  • 週末はいつも友達と遊んでるのよ。あなたは家族サービスで忙しいみたいだけど
  • 結婚するって決めた人、勇気あると思うわ。私には無理
  • あなたのように家に縛られる生活、私には考えられないわ

例えば、 社交的なライフスタイルを強調し、あなたの生活を単調だと示唆をしたり、家庭生活を「縛り」と表現し、自分の自由なライフスタイルを優越して見せるのです。まさにしんどい嫌いなマウント姉とも言えるでしょう。

いい人だけど苦手なめんどくさい感じ

義姉が嫌いとまでは言えないけど、いい人だけど苦手合わない、関わりたくない、めんどくさい、なんて思う人は当然で、元は他人。

だからこそ、微妙なズレやカルチャーショックがあるんです。たとえば、義姉がちょっとおせっかいすぎることがあります。

  • 「子供の教育については、こうした方がいいわよ」
  • 「家事はもっとこうするべきよ」
  • 「もっと外に出て、人と交流した方がいいわよ」

よかれと思って言ってるのでしょうが、あなたの子育てに口を出してきたり、家のことにあれこれ意見を言ってきたり。受け取る側からしたら「ちょっと、それは…」って感じになることも多いです。いい人だけど苦手で関わりたくないと思うパターンです。

義理姉と合わない!価値観の違い

日本の家族は伝統的な面が強いけど、世代や個人によって価値観はバラバラで合わないことがたくさんあり嫌いになることもあります。

そんなときに、義姉が「昔ながらのやり方」を押し付けてくることも、あなたにとっては「今時、そんな…」と思えることもありますよね。これもめんどくさいマウントの一つと言えるでしょう。

義姉が「昔ながらのやり方」を押し付けて合わないなと感じるときには、その背景には彼女自身の育った環境や教育、経験が深く影響しています。

彼女にとって、これらの伝統や習慣は、家族の絆を保つための重要な要素となっているかもしれません。しかし、異なる世代や個人の価値観が存在する現代では、それだけだと軋轢だけが生じてしまいます。

会話のキャッチボールが上手くいかず、義姉がしんどい

家族って、どんなに近くてもコミュニケーションは難しいもの。そして、しんどいと感じるものです。

義姉との話がいつも一方通行で、あなたの意見がちゃんと聞かれてない…そんな状況も、「非常識」って感じる理由になるかもしれません。

例えば、あなたの意見の無視や中断をしてくることもあるでしょう。

あなたが何か話そうとすると、義姉が話を遮ったり、話題を変えたりすることがあるかもしれません。

あなたが「でも、私はこう思っていて…」と言い始めると、すぐに「でも実際はこうなのよ」と反論されて、しんどい状況になりがちです。

義姉の実家に頼り過ぎな感じが苦手

義姉が実家に依存する様子を見て、「甘えている」と感じることがあります。

自立した大人としての責任感を持たず、常に実家に頼る姿は、彼女が甘えた態度を取っていると映ることがあります。

義姉にとって実家は、不安やストレスから逃れる安全な避難所のような存在かもしれません。人は自然とストレスの少ない、安心できる環境に戻ろうとします。

義姉の実家に頼り過ぎでしんどい、イライラすることがあるかもしれませんが、少し多めに見るしか無いところがあるのも現状と言えるでしょう。

エピソード:お正月の集まりでの出来事

例えば、お正月に家族が集まったときのこと。

義姉があなたの料理の仕方にダメ出しをしたり、子供のしつけ方に口を出したり。あなたは気を遣って笑っているけど、内心は「もうちょっと空気読んでよ…」と思ってしまう。いい人だけどマウント癖が合わないと感じることも有ります。

そういう小さなことが積み重なって、義姉への苦手意識が強くなります。

義姉との関係って、お互いの理解と尊重が大切なんです。でも、それが難しいからこそ、微妙な感情が生まれるんですよね。

非常識だと言って嫌いにならないようになんとかしたいものです。

まとめ

実際には非常識な行動やマウントを取ることが多く、関係が難しく感じられます。義姉との関係改善をはかりたいところです。義姉との関係に悩む人は、参考してください。

離婚に強い弁護士が法的に解決いたします

離婚問題でお困りの方は、離婚に強い弁護士にご相談ください。慰謝料、財産分与、親権など離婚を有利に進めることができる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 慰謝料がもらえない
  2. 財産分与が妥当でない
  3. 親権がとられそう
  4. 養育費が納得いかない

離婚に強い弁護士に相談・依頼することで、相手との交渉を有利にすすめ、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ離婚に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から離婚に強い弁護士を探す

離婚問題の無料相談ができる事務所
【東京都・新宿区】
弁護士法人ALG&Associates
  • 全国対応
  • 初回相談無料
  • 土日対応可能
離婚の累計相談件数89,942件(〜2024年4月末まで)の圧倒的な実績と経験から得たノウハウがあります。自信を持って堂々と 「離婚弁護士です」と言える弁護士が集まった「離婚を集中的に取り扱う」民事事業部にお任せください。
離婚問題でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5448-2799
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
執筆・監修
服部 貞昭 ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
東京大学大学院 電子工学専攻修士課程修了
新宿・はっとりFP事務所 この執筆・監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!