低収入の夫との離婚|旦那の給料では生活できずイライラ

dannna kyuuryou seikatudekinai
  • 「旦那の給料だけでは生活できない…」
  • 「夫の給料が安すぎる・・低収入で離婚したい」

と嘆く妻は少なくありません。旦那の低収入が原因で離婚を選択する人がいるほど、お金の問題は夫婦にとって深刻です。

「お金より愛情でしょう」と思っていても、子どもの教育費や住宅ローン、食費などの現実を目の当たりにすると、稼げない夫に愛情が冷めてしまうのは致し方ないのかもしれません。

そこで今回は、旦那の給料について解説します。併せて、旦那の低収入にイライラしないための対処方法や家計の見直しポイントも紹介しますので参考にしてください。

旦那の給料が低い原因

なぜ生活ができないほど、旦那の給料は低いのでしょうか。その根本となる原因から探ってみましょう。

売り上げが給料に直結する個人事業主

旦那が料理人などで飲食店を経営している、また会社経営の個人事業主であると、お店や会社などの売り上げが給料に直結します。

結婚したときは、「3年で成功しなかったら定職に就く」と約束していたのに、いつまでも夢を追いかけ、次から次に別の事業を始める夫もいます。

このような旦那だと、いつまでも安月給のままということもあり得るでしょう。

昇給前に転職を繰り返す

ころころ仕事を変えるのも、稼げない旦那の特徴です。

通常、会社に長く勤めることで給料は上がっていくものですが、昇給する前にすぐに辞めてしまうため低収入のまま変わりません。それどころか、転職するたびに給料が下がり、仕事が決まらず無職という状況にも陥りやすいでしょう。

職種や業界の選択

一部の職種や業界は給与が低めである場合があります。選択した職業が給与面で競争力に欠ける場合、給料が低い状況になることがあります。

経験やスキルの不足

職務経験や専門的なスキルが不足している場合、昇進や給与アップのチャンスが限られる可能性があります。スキルアップや継続的な学習を通じて、自身の市場価値を向上させることが大切です。

労働市場の状況

労働市場の需給バランスや景気の影響によって、給与水準が変動することがあります。競争が激しい業界や経済の不安定な時期には、給料が低い傾向が出やすいです。

雇用形態や雇用条件

非正規雇用やパートタイムの場合、給料が正規雇用に比べて低いことがあります。また、労働条件や福利厚生の差も給料に影響を及ぼす可能性があります。

個人の評価やパフォーマンス: 個人の業績や成果が評価に反映される場合、パフォーマンスが低いと給与アップのチャンスが減少することがあります。

交渉力の不足

給与交渉がうまくいかなかったり、自分の価値を適切にアピールできなかったりすることで、給料が低くなることがあります。

就業時間や労働条件の制約

就業時間や労働条件の制約によって、給与が低くなることがあります。例えば、シフト制や遠隔勤務の場合、給与が削減されることがあるかもしれません。

平均的な給料ってどのくらい?

それでは実際のところ、世の中の平均年収はどのくらいでしょうか。
自分の旦那が平均や世間と比べてどうなのか気になる方も多いと思います。

以下で、学歴・年齢別の平均月収を表にまとめました。

男性の平均月収

大卒・院卒、高専・短大卒、高卒別で平均月収を表にすると次のようになります。
ボーナスや残業代を加味しない平成30年6月分の賃金です。所得税等を控除する前の支給額であり、手取りではありません。

男性の平均月収
(単位:千円)
大卒・院卒 高専・短大卒 高卒
全年齢平均   400.5       313.8       291.6
~19歳           -           -       180.7
20~24       230.0       207.5       201.5
25~29       263.8       236.2       227.9
30~34       321.1       266.3       255.7
35~39       373.9       297.2       281.4
40~44       426.4       331.7       308.1
45~49       486.1       371.1       331.5
50~54       535.1       401.1       352.6
55~59       522.8       397.0       352.0
60~64       378.4       292.3       256.8
65~69       374.9       255.2       224.4
70~       447.8       254.7       212.3

【出典】厚生労働省:平成30年賃金構造基本統計調査の概況(PDF)

専業主婦でも生活できる?年収別ライフスタイル

旦那の収入がいくらあれば、妻は専業主婦として生活できるのでしょうか。
簡単に年収別でライフスタイルの違いを見てみましょう。

もちろん、例えば東京都心とそれ以外など、地域ごとの差は大きいため、あくまで参考としてお読みください。

年収が300〜400万円の場合

旦那の年収が300〜400万円の場合は、すでにマイホームを所有していたり、車を持たず維持費がかからなかったりすると、妻は専業主婦でも生活できます。

ただし贅沢できるほどではなく、節約しなければという意識は必要でしょう。

年収が500万円ほどの場合

一般に、旦那の年収500万円のラインが、妻が専業主婦でも生活できる最低年収基準といわれています。
これくらいの年収があると、夫婦2人で生活する分には問題ありません。さらに家賃などの固定費を削減できると、ある程度の余裕のある生活が送れるでしょう。

ただし、子どもが生まれると生活が苦しくなる可能性があります。
子どもが欲しい場合は、将来に向けて日頃から贅沢をせずに貯蓄に励んだほうが良いでしょう。

年収700〜900万円の場合

旦那の年収が700〜900万円の場合は、妻が専業主婦でもかなり余裕のある生活ができます。家賃が10万円以上のところでも車を所有していても、生活するのに問題はありません。

しかし年収がいいからと贅沢をすると、貯蓄はボーナスだけということもあり得ます。
年収金額だけを見れば高収入ですが、余裕のある生活かどうかは、そのライフスタイル次第といえそうです。

年収1,000万円以上の場合

旦那の年収が1,000万円以上の場合は、ゆとりのある生活が送れます。ただし年収が上がるにつれて生活水準も上がるため、手元にお金が残らないというケースも多いようです。

年収が上がると自然と交際費も増えるため、節約すべきところは節約するという意識が必要でしょう。

旦那の給料に関するストレス回避!妻にできる4つの対策

「旦那が低収入でイライラする…」と愚痴をいっているだけでは問題解決にはなりません。ストレスを回避するために、妻もできることから始めましょう。

出来るだけ無駄をなくし節約上手になる

自営業だと低収入になりがちですが、自営業だからこそ節税が可能です。ガソリン代や家賃、光熱費なども場合によっては経費で落とすことができます。

食材を特売日にまとめ買いしたり、日用品についてはリサイクルショップを利用したりすることで節約できるでしょう。
携帯のオプションを解約するだけで通信費を下げることもできます。

ここは妻としての腕の見せ所です。

自分自身の収入を増やす

安月給の旦那に頼るのではなく、自分自身の収入を増やすことも1つの方法です。
もちろん、妻も正社員としてフルタイムで働けるのであれば問題ありませんが、子供が幼かったり、親の介護があったりと、なかなか働きにくいこともあるでしょう。

昨今は、ネット環境があればネットビジネスで稼ぐことが可能です。アフィリエイトやWEBライターなど、さまざまな副業があります。
子どもが小さく外に出て働くことができなければ、在宅でできる仕事を探してみましょう。

外で働けるもののフルタイムはちょっと…という場合はパートなどで働いてみてはいかがでしょうか。
働くことで生活にメリハリができ、ストレスを感じることも少なくなり一石二鳥です。

旦那と話し合い、現状の問題を伝える

妻が給料を預かっている場合、旦那は家計の現状をよく理解していない可能性もあります。
まずは、普段から頑張っていることへの感謝と労いの言葉を伝え、それから現状を知ってもらいましょう。

子どもがいる場合や家を購入した場合など、いくつかのパターンで家計のシミュレーションを見せることで現実味が増します。2人でよく話し合い、同じ危機感を持つことが大切です。

現状を把握しランニングコストを減らす

旦那の給料に対してランニングコストが高いようであれば、引っ越すことも1つのアイデアです。
例えば家賃が東京で10万円の物件でも、埼玉だと半額近くの5〜7万円ほどに収まるケースもあります。。

子ども1人を育てるのに、3,000万円くらいかかるといわれています。
子どもを生む予定があれば、何人の子どもであれば育てていけるのか、教育費にいくらかかるのかを事前に調べ、きちんと計画を立てることが不可欠です。

家計を見直す方法|ポイントとともに解説!

ここでは、具体的に家計を見直す方法を紹介します。
どのポイントから見直すべきか、参考にしてみてください。

現在の収入でやりくりが可能かを考える

まずは、家計の収支の把握です。家計簿を付けていないのであれば、便利なアプリなどを活用してしっかりと把握しましょう。その上で、現状の収入でやりくりが可能かどうかを考えます。

妻が妊娠中もしくは子どもが小さくて働くことが無理な場合は、収入をすぐに増やすことは無理かもしませんが、努力次第で減らすことはできます。次の2つのポイントから、家計の見直しを図りましょう。

毎月決まった費用:家賃、通信費、光熱費、保険など

この中でも、通信費などは安い料金プランに乗り換えることで、費用を減らすことができます。保険も無駄なものはないかどうかを今一度確認しましょう。

減らすことのできる費用:レジャー費、交際費

こちらは、努力次第で減らすことができます。ただし、ストレス発散のためにある程度の友達付き合いは必要なので、無駄かどうかの線引は慎重にしましょう。

生活のレベルを下げる

やりくりが難しい場合は、生活のレベルを下げます。家賃の低い地域に引っ越す、車を所有しているのであれば手放す、またはグレードを下げるどさまざまな方法があります。

光熱費や水道料金も努力次第で下げることができます。本やネットから節約について学び、いろいろと試してみましょう。

やりくりが可能になったら貯金する

やりくりが可能になったら、将来のマネープランを立ててみましょう。必要な金額がいくらになるのか、いつまでにいくら貯なければいけないのか、具体的な数値を出すことが大切です。

旦那の会社に財形貯蓄制度などの積立制度があれば、そのような制度を大いに活用しましょう。

低収入の夫との離婚をするには

低収入自体は離婚の法的な理由には直接該当しませんが、低収入によって夫婦関係が破綻した場合や、それに関連して他の問題が生じた場合は、離婚理由として認められる可能性があります。

婚姻を継続し難い重大な事由

低収入が原因で以下のような状況が生じた場合、下記の場合、婚姻を継続し難い重大な事由として認められることがあります。

  • 経済的な困窮により夫婦生活が破綻している
  • 夫婦間の信頼関係が崩壊している
  • 経済的問題を巡る頻繁な争い
  • 生活の安定が損なわれ、配偶者が耐え難い精神的な苦痛を感じている

調停や協議による離婚

低収入が夫婦関係に悪影響を及ぼしている場合、協議離婚や調停離婚を検討することも一つの方法です。双方が話し合い、合意に達すれば、離婚が成立します。

実際の手続き

低収入を理由に離婚を進める際には、以下のステップを踏みます。

  • 状況の整理:低収入による具体的な問題や夫婦関係の破綻状況を整理します。
  • 専門家への相談:弁護士に相談し、具体的なアドバイスを受けます。
  • 証拠の収集:経済的困窮や夫婦関係の破綻を示す証拠を集めます。
  • 話し合い:まずは配偶者と話し合い、協議離婚を目指します。
  • 調停:協議が難しい場合、家庭裁判所に調停を申し立てます。

低収入そのものは法的な離婚理由としては認められないものの、それによって生じる夫婦関係の問題が離婚理由と認められる可能性があります。具体的な状況に応じて、弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。

まとめ

お金の問題は、夫婦にとって非常に深刻な問題です。

しかし、旦那の給料で生活できないからといってすぐに離婚を考える必要はありません。
現状手にすることができるお給料で生活することができる手立てはたくさんあります。

ぜひ、この記事で紹介した対策を実践して、無理をすることなく生活していきましょう。

離婚に強い弁護士が法的に解決いたします

離婚問題でお困りの方は、離婚に強い弁護士にご相談ください。慰謝料、財産分与、親権など離婚を有利に進めることができる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 慰謝料がもらえない
  2. 財産分与が妥当でない
  3. 親権がとられそう
  4. 養育費が納得いかない

離婚に強い弁護士に相談・依頼することで、相手との交渉を有利にすすめ、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ離婚に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から離婚に強い弁護士を探す

離婚問題の無料相談ができる事務所
【東京都・新宿区】
弁護士法人ALG&Associates
  • 全国対応
  • 初回相談無料
  • 土日対応可能
離婚の累計相談件数89,942件(〜2024年4月末まで)の圧倒的な実績と経験から得たノウハウがあります。自信を持って堂々と 「離婚弁護士です」と言える弁護士が集まった「離婚を集中的に取り扱う」民事事業部にお任せください。
離婚問題でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5448-2799
[電話受付]平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~18:30
執筆・監修
服部 貞昭 ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
東京大学大学院 電子工学専攻修士課程修了
新宿・はっとりFP事務所 この執筆・監修者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!