離婚しないで別居!生活保護は受給が可能?モラハラ、DVの場合は?

  • 離婚しないで別居して、生活保護っていける?

離婚せずに一時的に別居することを選んだ際、特に働いている女性の方なら、最初は金銭的な困難に直面しない可能性があります。

しかし、子供がいる場合、子供の年齢によっては、これまで通りの仕事ができなくなることも考えられます。

このような状況下で、「生活保護」を受けることができるのかが疑問になります。

本稿では、離婚しないで別居した場合の生活保護の受給可能性や、家庭内暴力(DV)やモラルハラスメント(モラハラ)が関与する場合の状況について検討します。

離婚しないで別居|生活保護には条件があり

実際に、専業主婦が子どもと一緒に離婚しないで別居し、生活保護を利用する状況は存在しますが、受給には特定の条件が必要です。

ざっくり言うと、生活保護は「自分自身で収入を確保できない状況」と「親族からの支援を得られない場合」に限定されます。

親族から支援を受けられない理由として、親族が経済的に困難な場合、また長期間の連絡不通などが含まれます。

そして、経済的に安定している両親や親戚がいる場合、通常はそこからの支援を求められ、可能な場合、生活保護の受給は認められません。

さらに、法的に夫婦間には相互の扶養義務があるため、別居中であっても夫が妻を扶養可能な状況なら、妻は生活保護の条件を満たさないことが多いです。

ただ、そうではない限り、受給可能性があるので、まずは離婚しないで別居をお考えの方は窓口で相談をしてみることが重要です。

関連記事
生活保護を考えている方必見!車や医療費、家賃のこと【2024年度版】
生活保護の受給条件やメリット・デメリット、実際に受けられる扶助制度などを解説します。今、生活に困っているという方は参…[続きを読む]

婚姻費用分担調停をまず念頭に

まず、大前提ですが、生活保護の受給を考える前に夫から生活費(つまり「婚姻費用(こんいんひよう」)を請求することを試みる必要があります。

婚姻費用には住居費、食費、衣類費、出産費、医療費、養育費、教育費、交際費などが含まれます。

婚姻費用の金額は、夫婦と子どもの生活水準に基づいて、全ての事情を考慮して決定されますが、家庭裁判所は「養育費算定表」を利用して金額を決定することが一般的です。

そして、夫婦間で婚姻費用の分担について合意ができない場合、家庭裁判所に仲介を求める「婚姻費用分担請求調停」が存在し、この調停で、裁判官と調停委員が夫婦の収入、支出、資産などを考慮しながら解決案を提示します。

しかしながら、調停の間に生活費がない場合、また調停後も旦那が支払わないということもあるため、そういった場合に初めて生活保護について検討をする必要があるわけです。

関連記事
婚姻費用の自動計算ツール【2024年最新|新算定表対応|シミュレーション】 | 離婚弁護士相談Cafe
「婚姻費用」は、離婚前の生活費等についての分担です(民法760条)。本ページでは、婚姻費用の新算定表に対応した自動計…[続きを読む]
関連記事
婚姻費用の分担請求調停|コツ・やり方・聞かれること・1回目で終わるか | 離婚弁護士相談Cafe
婚姻費用の調停では何を聞かれ、どのように進むのでしょうか。この記事では、婚姻費用の調停の流れ、聞かれる内容、よくある…[続きを読む]
関連記事
夫が婚姻費用を払わない!「強制執行」「差し押さえ」ってどうするの? | 離婚弁護士相談Cafe
「婚姻費用」は別居が決まった時点で発生します。そのため、別居をするなら婚姻費用についても話し合いを済ませてから実行す…[続きを読む]

生活保護申請時の扶養照会に関するモラハラ・DVリスク

生活保護を申請する時、一つの大きなステップが「扶養照会」となります。

通常、これに問題は生じませんが、モラルハラスメントや家庭内暴力(DV)のような特別な状況では、心配事が出てくることもあります。

例えば、申請者が以前に配偶者からDVや虐待を受けていた場合、扶養照会を通じてその居所が明らかになることで、最悪の事態として実家に無理やり戻されるリスクが考えられます。

特にモラハラの場合は、その証明が難しく、他人に理解されにくい状況になることが多いです。

こうしたケースでは、扶養照会を行わないことが多いです。

ただし、このような状況は慎重に対処する必要があり、法テラスのような法律支援機関や弁護士に相談しながら進めることが勧められます。

まとめ

この記事では、離婚せずに別居する状況で生活保護を受けることができるかについて説明しました。

夫からの経済的支援がなく、子供がいるなどの理由で働けない主婦の場合、生活保護を受ける可能性が存在します。

また、家庭内暴力(DV)の状況がある場合は、扶養照会を行わないなどの配慮がされることもあります。

どのような状況でも、慎重に進めることが大切で、受給が可能な場合はきちんと申請を行うべきです。難しい場合は、法テラスなどを利用して相談をすると良いでしょう。

関連記事
法テラスで離婚相談
離婚弁護士費用が払えない!法テラスで離婚調停無料相談は可能?
「離婚相談をしたいけれど、どこに相談すればいいのかわからない」「弁護士費用が払えない」そんな悩みを抱えている人にお勧…[続きを読む]

離婚に強い弁護士が法的に解決いたします

離婚問題でお困りの方は、離婚に強い弁護士にご相談ください。慰謝料、財産分与、親権など離婚を有利に進めることができる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 慰謝料がもらえない
  2. 財産分与が妥当でない
  3. 親権がとられそう
  4. 養育費が納得いかない

離婚に強い弁護士に相談・依頼することで、相手との交渉を有利にすすめ、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ離婚に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から離婚に強い弁護士を探す

離婚問題の無料相談ができる事務所
ベリーベスト法律事務所
【港区・六本木】
ベリーベスト法律事務所
  • 全国対応
  • 初回相談無料
  • 土日対応可能
離婚前・離婚後問わずどのような段階であってもお気軽にご相談ください。有利な条件での離婚をサポートし、離婚後のトラブル防止まで未然に考えて解決いたします。
離婚問題でお悩みなら今すぐ弁護士相談
050-5447-7921
[電話受付]平日 9:30~21:00 土日祝 9:30~18:00
執筆・監修
服部 貞昭 ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
東京大学大学院 電子工学専攻修士課程修了
新宿・はっとりFP事務所 この執筆・監修者の記事一覧

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!