辞任通知が送られてきた!債務整理の途中に弁護士辞任の影響とは?

辞任通知が送られてきた!債務整理の弁護士辞任の影響とは?
 弁護士から、債務整理中に辞任通知が送られてきました!どうしたよいの?

債務整理をする際には、弁護士に依頼するケースがほとんどです。

弁護士は依頼人の味方で、依頼人の法律行為を代理してくれる専門家です。
しかし、依頼者側の問題によって、弁護士は致し方なく依頼者と関係を断つ、辞任してしまうことがあります。

債務整理において弁護士が辞任してしまう場合とは、いったいどんなケースなのでしょうか。また、辞任されないためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

この記事では、債務整理における弁護士辞任のリスクと影響、辞任通知が送られてきた理由、辞任回避のためにすべきことについて解説していきます。

弁護士の「辞任」とは?

弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士は依頼人の「代理人」となります。
弁護士辞任とは、弁護士がその代理人をやめてしまうことです。

弁護士は、依頼人の代わりに様々な法的な行動を取ってくれます。
例えば、任意整理なら債権者との交渉の代理人になりますし、個人再生や自己破産であれば裁判所への申立の代理人になってくれるのです。

弁護士がその職務を果たすためには、依頼者としっかり連絡を取ることができ、信頼関係を維持していることが重要になります。

もし依頼者が不義理な行動をしてしまった場合、弁護士も責任を持って仕事ができないとして辞任してしまう可能性があります。

弁護士が辞任通知を送る理由

もちろん、依頼を受けた弁護士は、そんなに簡単には辞任しません。依頼者に何か問題があったからといってすぐに辞任、というわけではなく、何とか改善できないか手を尽くしてくれます。
しかし、それでもどうにもならない場合は辞任されてしまいます。

弁護士が辞任してしまうケースとしては、以下のようなものがあるでしょう。

債務整理にかかる弁護士費用を滞納した

弁護士も、債務整理をする人の資産が少ないことはわかっています。
分割払いを認めてくれる弁護士も多いため、そのような場合、弁護士費用についてはそこまで心配しなくて大丈夫です。しっかり払っていけるだけの分割方法を考えてくれるでしょう。

しかし、それでも弁護士費用を払わない場合は、報酬が受け取れないなどの理由で辞任してしまうことはあり得ます。
(なお、既に着手金を支払っているならば、それは返金されません。)

もし、急病などやむを得ない事情が起こって費用を払えなくなった場合は、事情を説明し、いつなら払えるのかきちんと相談することが大事です。

債務整理手続きで不誠実な態度を取った

弁護士に嘘をついたり、指定された書類を集めなかったり、突然連絡を取らなくなったりすると、依頼者と弁護士の信頼関係は崩れてしまいます。

そういった依頼者の不誠実な行動があまりにも酷いと、弁護士は対処しきれないとして見限ることがあり得ます。

不誠実な態度を取ってしまったと思ったならば、きちんと謝罪し、今後も継続して依頼を引き受け続けてくれるような誠実な対応を取ることが大事です。

【問い合わせ相談実績43万件以上】
弁護士法人・響
全国対応・24時間土日祝受付 ]

診断後は何度でも相談無料

診断後は何度でも相談無料

借金を弁護士に相談するか迷っている・債務整理でいくら減らせるか知りたいなどの場合は、弁護士法人・響の借金減額シミュレーターで診断してみてください。診断後の事務所への相談についても、何度でも無料で承っております。実績豊富な弁護士があなたの借金のお悩みに寄り添い、最適な解決方法をご提案いたします。
無料で借金減額診断

債務整理の途中で弁護士に辞任されたらどうなる?

次に、上記のような理由で弁護士に辞任されたときの影響を説明していきます。

その後の手続きを自分で進めることになる

任意整理での債権者との交渉中や、個人再生・自己破産における裁判所手続きの途中に辞任されてしまった場合、その後の手続きは自分自身で進めていかなければいけません。

①任意整理の場合

代理人である弁護士がいなくなったことで、債務者は債権者と直接交渉しなければいけない状態に陥ってしまいます。
その結果、交渉がまとまらなければ任意整理には失敗してしまいます。

弁護士は、任意整理によって減額できる金額の相場を理解し、債務者の経済状況も加味した上で現実的な内容での合意を目指し交渉をしますから、任意整理が成功する可能性は高いです。
しかし、素人一人での交渉では、そもそも貸金業者相手に門前払いをされてしまうでしょう。

そうでなくても、弁護士に依頼せずに任意整理をした場合、債権者にうまく言い包められてしまい、適切な相場で任意整理はできないと考えるべきです。

②個人再生・自己破産の場合

個人再生・自己破産は裁判所を通した手続きなので、裁判所や個人再生委員・破産管財人とのやり取りをしなければいけません。
弁護士に依頼していれば、それらの手続きも弁護士が全て代理してくれますので、債務者はほとんど何もしなくていいのが通常です。

しかし、弁護士が辞任してしまうと、裁判所手続きを債務者本人が進めていかざるを得ません。

自己破産や個人再生の手続きは非常に難解です。裁判所によっては「必ず弁護士をつけること」と言われることもあるほどです。
それを素人が一人でやるというのはほぼ不可能といっても過言ではないでしょう。

新しい弁護士を選任できず、そのまま規定通りの手続きを踏めなければ、個人再生や自己破産にも失敗してしまいます。

債権者からの督促が再開する

貸金業法では「債権者は弁護士に依頼した債務者に直接督促ができない」と定められています。

しかし、弁護士が辞任すると、債権者は債務者への直接の督促を再開することができます。債務者にとって不利な状況に逆戻りしてしまうだけでなく、精神的な負担も大きくなるでしょう。

督促を放置していると法的措置に持ち込まれ、差し押さえ・強制執行まで発展するおそれがあります。

【債務整理後に辞任をされると債権者から連絡が来る可能性】
債務整理後に弁護士が辞任しても、債務整理した事実が無効になることはありません。
しかし、任意整理や個人再生など、債務整理後も返済を続けていて、弁護士が弁済金の代理送付を行っている場合は、完済するまで弁護士との契約が続くことになります。その最中に弁護士に辞任されてしまうと、滞納した時に大変なことになります。
通常、弁護士が代理送付をしている場合は、返済を滞納していると弁護士に連絡がいき、そこから債務者本人に連絡が届きます(債務者本人に直接の連絡はいかないことになっています)。ただし、債務整理後に弁護士が辞任すると、代理人の仲介がなくなるということで、債権者が債務者に直接請求してくることになります。
そうなると、もし滞納してしまった場合は、督促が本人に直接くるようになるため、家族や周囲の人に借金の存在がバレてしまう危険性があります。

債務整理で弁護士に辞任されないための対処方法

弁護士辞任の危険性はご理解いただけたと思います。とはいえ、非常識な行動を取らずにやり取りしていれば、そうそう辞任されることはありません。

それでも不安が残るという方のために、「どうすれば弁護士に辞任されないで済むのか」をご紹介します。

きちんと弁護士と連絡をとる

まず、弁護士と綿密にコミュニケーションを取ることが大事です。特に、弁護士から電話があったときは、その場では出れなくとも、気づいたらなるべく早く(時間ができた時にすぐに)折り返すべきです。
直接電話が難しいのであれば、メールでも良いので返信をいれましょう。

無視は「連絡がとれない」と判断され、弁護士から不信感を持たれてしまいます。自分では無視しているつもりはなくとも、「後で連絡しよう」と思って数日連絡をしなかったら、それは「連絡がつかない」と弁護士は思います。

そうならないためにも、連絡は常に早め早めを意識するようにしましょう。

依頼された書類はすぐに用意する

債務整理手続きはとても複雑で、遂行するにはたくさんの書類が必要です。ほとんどの書類は弁護士が収集や作成を手伝ってくれますが、一部の書類は債務者が自力で集める必要があります。

このような必要書類はなるべく早く集めることが大事です。
書類が揃わなければ、個人再生や自己破産を裁判所に申し立てることもできません。

もっとも、弁護士は必要な書類をどこからどのように取り寄せれば良いのかもしっかりと教えてくれますので、過度な心配はいりません。弁護士のアドバイスを聞いて、なるべく早く書類を集めれば問題ないです。

もし収集が遅れて期日までに書類が揃わない場合には、きちんと謝罪したうえで、いつ頃なら持っていけそうかをきちんと説明するようにしましょう。

嘘をつかない

弁護士には絶対に嘘をついてはいけません。

特によく考えられるのが、財産や債権者の一部を隠してしまうことや、ギャンブルなどの借金の原因を隠してしまうことですが、これらは絶対にしてはいけません。
それらの行動は債務整理の失敗に直結してしまいます。

具体的には、財産や債権者の隠匿をすると、自己破産の場合、「免責不許可事由」というものに該当してしまい、免責(借金をゼロにしてもらうこと)を受けることに失敗してしまう可能性があるのです。

関連記事
免責不許可事由とは?自己破産できない場合
自己破産ができない免責不許可事由とは?失敗するケースを解説
債務者に「免責不許可事由」があれば、自己破産に失敗してしまうケースがあります。しかし、弁護士に依頼して対処すれば、裁…[続きを読む]

また、嘘をつかれては、弁護士もあなたに最適の債務整理方法を提案することができなくなってしまいます
弁護士は、借金の総額や債権者の数、借金の原因、現在の収入や支出など、全てを加味した上であなたにぴったりの債務整理方法を考えてくれるからです。

最低限のマナーを守る

当然ですが、最低限の社会的マナーは守る必要があります。

例えば、面談の約束を破る、裁判所に出頭すべき日に来ない、などの行動をしてはいけません。

もし、仕事などで都合がどうしてもつかなくなってしまったのなら、誠意を尽くして事前にその事を連絡すべきです。

債務整理の弁護士辞任に関するよくある質問

弁護士に辞任されてしまいました。理由は何ですか?

まず、弁護士費用を払わない場合は、報酬が受け取れないなどの理由で辞任してしまうことはあり得ます。
また、弁護士に嘘をついたり、書類を集めなかったり、突然連絡を取らなくなったりなどの不誠実な対応をとると、辞任されてしまうことがあるでしょう。

とはいえ、非常識な行動を取らずにしっかりとやり取りしていれば、そうそう辞任されることはありません。

弁護士に辞任されるとどうなりますか?

任意整理での債権者との交渉中や、個人再生・自己破産における裁判所手続きの途中に辞任されてしまった場合、その後の手続きは自分自身で進めていかなければいけません。
これらの交渉・裁判所手続きは素人の方が一人で進めることが困難ですので、結果的に債務整理に失敗してしまうと考えられます。

また、止まっていた債権者からの督促が再開されますので、精神的な負担も大きくなるでしょう。

なお、着手金を支払っている場合、弁護士が辞任してもこのお金は戻ってきません。

弁護士に辞任されないためにどうしたらよい?

まず、弁護士と綿密にコミュニケーションを取ることが大事です。特に、弁護士から電話があったときは、その場では出れなくとも、気づいたらなるべく早く(時間ができた時にすぐに)折り返すべきです。

また、債務者が自力で集める必要がある一部の書類は、弁護士のアドバイスを聞いた上でなるべく早く集めるようにしましょう。

最後に、弁護士には絶対に嘘をついてはいけません

特によく考えられるのが、財産や債権者の一部を隠してしまうことや、ギャンブルなどの借金の原因を隠してしまうことですが、これらは絶対にしてはいけません。
それらの行動は債務整理の失敗に直結してしまいます。

最低限の社会的マナーも守るようにして、弁護士との信頼関係を継続していきましょう。

債務整理は弁護士に相談を

誠意を持って債務整理に臨めば、弁護士が辞任してしまうということは通常ありません。連絡を投げ出さずしっかりと対応することで、債務整理は成功するはずです。

もし、費用の支払いが難しくなってしまった場合でも、放置せずに必ず弁護士に相談するようにしてください。誠意さえ伝われば、弁護士は打開策となる適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

なお、万が一「債務整理費用を払えず辞任された」「弁護士への連絡を怠っていたら辞任通知が届いた」などという場合は、新しい弁護士を探して再依頼する必要があります。
辞任されたことを反省し、新しい弁護士にもしっかりと理由を説明すれば、依頼を受けてくれる弁護士は見つかるはずです。

債務整理に強い弁護士・司法書士に無料相談

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士事務所・司法書士事務所にご相談ください。

弁護士事務所・司法書士事務所に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい

債務整理の実績豊富な弁護士事務所・司法書士事務所に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士事務所・司法書士事務所にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い事務所を探す

債務整理の無料相談ができる事務所
【東京都・千代田区】
弁護士法人プロテクトスタンス
  • 全国対応
  • 相談無料
  • 土日祝対応
法人全体で13,000件以上の依頼実績数に裏付けされた自信を持って、借金問題を解決します。相談は何度でも無料、法テラス利用可、明確な料金体系でお待ちしております。
借金でお悩みなら今すぐ専門家に相談
050-5447-7913
[電話受付]平日 9:00~21:00 土日祝 9:00~19:00
執筆・監修
服部 貞昭 ファイナンシャル・プランナー
ファイナンシャル・プランナー(CFP・日本FP協会認定)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
東京大学大学院 電子工学専攻修士課程修了
新宿・はっとりFP事務所 この執筆・監修者の記事一覧

あなたへおすすめの記事

この記事が役に立ったらシェアしてください!