浪費癖・借金依存症はカウンセリングと債務整理で解決可能!?

浪費癖・借金依存症はカウンセリングと債務整理で解決可能!?

借金をすること自体は悪いことではありません。
例えば、住宅ローンや車のローンは、ローン会社に対する借金です。クレジットカードについても、カード会社への後払いという意味での借金となります。

人生のうちで一度も借金をしない人は少ないですが、一方で、自力で返しきれないほどの借金を繰り返してしまう人も存在します。

節度を超えた借金が止められない人は、単なる浪費癖があるだけでなく、「借金依存症」という病気を抱えているかもしれません。

今回は、浪費癖がある方、借金依存上の方の特徴と、借金問題の解決方法について解説します。

1.借金依存症の特徴・心理

借金は良くないと頭では分かっていても、何度も借金を繰り返してしまう人には、共通した心理があると言われています。

1-1.物欲に弱い

通常なら、欲しいものがあっても、自分のお財布と相談をして、無理な値段なら諦める(またはお金が入るまで買うのを待つ)といった判断をします。
しかし、借金を繰り返す人はそうした判断ができません。欲しいものがあるとつい買ってしまうのです。

特に、最近はネット上で簡単に買い物ができるので、欲しいと思った瞬間にカード一枚、ボタン一つで欲しいものを購入することが可能です。

物欲に弱い人にとって誘惑の多い環境であることは否めず、自己管理が難しい人は多額の借金を抱えてしまいます。

足りない分は借りてでも欲しい!という欲求がある場合は深刻で、借金は雪だるま式に増えていきます。

また、借金は1回してしまうと、借金に対するハードルが一気に下がります。学生時代や若いうちに借金をしてはいけないという理由はこれにあります。

1-2.お金を使いストレスを解消する

借金を繰り返す人は、お金を使ってストレスを解消していることも少なくありません。
物欲があるのではなく、お金を使うことで心理的な満足を得ており、問題の根は一層深いと言えます。

中には衝動的に物を買う「買い物依存症」に陥っている人もいます。
この症状にかかると、買い物をしている最中は高揚感でいっぱいでも、自宅に帰ると後悔するという繰り返しになります。精神は疲労し、それでも借金は増えていきます。

症状がエスカレートするとクリニックで本格的な治療をする必要があり、自力で立ち直るのが難しいケースも少なくありません。

この他、「ギャンブル依存症」も、借金が嵩んでしまう大きな要因の一つです。

「買い物依存」「ギャンブル依存」は借金依存症の一種です。
特に、男性はギャンブル依存症、女性は買い物依存症といった症状で借金を繰り返すことが多いようです。

関連記事
ギャンブル依存症で借金
ギャンブル依存症による借金は債務整理で解決!
日本はギャンブル大国です。競馬・競輪・競艇・オートレースといった公営ギャンブルに加えて、事実上のギャンブルであるパチ…[続きを読む]

浪費癖・依存症の違い

浪費癖と依存症は、実行することでストレスを解消するという点で一見似ていますが、厳密には異なるものです。

例えば、「衝動買いをしてしまって自宅に帰ってから後悔する」という経験は誰しもあるものです。

しかし、それが一度や二度ではなく、何度も繰り返してしまうようであれば「癖」です。必要ないものを次から次へと買ってしまうのであれば、いわゆる「浪費癖」と言えるでしょう。

とは言え、いくら浪費しても、生活に支障がない・家族にも迷惑をかけてない・借金しても返済可能な範囲であれば、単なる「癖」にすぎません。

一方、その行為によって生活が立ち行かなくなったり、借金が返せなくなったり、他人に迷惑をかけるようであれば「依存症」と言えます。

つまり、「浪費癖」と「依存症」の境い目は、日常生活への差し障りがあるかどうかです。
日常生活に影響が出るほど借金を繰り返してしまうようであれば、「依存症」の疑いがあります。

浪費癖の段階であれば自分で治すことは可能ですが、依存症に発展している場合は、カウンセリングやクリニックでの治療が必要になることもあります。

依存症は、自己満足度の低さや心の居場所のなさが原因とされており、自分の意思でコントロールするのが難しい点に特徴があります。
問題を根本から解決するには、行為を引き起こす原因である心の問題を解決する必要があります。

1-3.散財を現実逃避の手段とする

散財することで現実逃避をしているという人います。
辛い現実から逃れようと、 やけ酒、やけ食い、衝動買いなどをして、つい散財してしまうのです。

2.浪費癖を治す方法

借金が癖の段階であっても、悩んでいる人の気持ちとしては「分かっているけど止められない!」でしょう。
そんな方は、次に挙げることを試してみてください。

  • クレジットカードを持たない
  • 財布に決まった金額しか入れておかない
  • 家計簿をつける(家計簿アプリを使う)
  • お金を使わないストレス発散方法を見つける

クレジットカードを持っていると気軽に買い物をしてしまうので、浪費癖のある人は極力現金払いにすることをおすすめします。
現金払いにすれば、お金を使っている自覚が芽生えます。

また、財布に入れる額を決めておけば、それ以上使うこともできません。

家計簿をつけると収支を意識することができるので、浪費予防に役立ちます。

また、ストレス発散で散財してしまうタイプの人は、何か他の趣味を見つけるなどして、別の方法でストレスを解消するように心がけましょう。

さらに、引越し・結婚等、生活環境が変わることでも浪費癖が治ることもあります。
現在浪費に悩んでいる人は、環境に変化を起こすことも視野に入れ、改善に向けて行動をしていきましょう。

3.借金依存症になってしまったら

借金を繰り返してしまう人の中には、「借金依存症」になっている人もいます。
借金依存症を根本的に解決をするには、以下の2つの方法が考えられます。

3-1.カウンセリングによる原因の把握

借金依存は心の問題が原因となっていることが多いので、カウンセリングを受けることで症状が改善することもあります。

カウンセリングによって症状の原因を見つめ、買い物やギャンブル、投資等、借金の原因となるものから遠ざかることで、解決のヒントを得られることもあります。

自分の意思で借金をコントロールできす、生活に重大な支障をきたしている場合は、一度精神科・心療内科などで相談してみましょう。

3-2.債務整理などで環境を変える

借金依存の治療にはカウンセリングが有効とされていますが、それだけでは症状が寛解するに至らないこともあります。

現実に借金があり、返済ができずに悩んでいる借金依存症の方は、債務整理をして借金を解決するとともに、今後借金をできない環境を作り出すことも考えてみましょう。

債務整理には、大きく分けて「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。
いずれの手続きも、以後5~10年は新たに借り入れをすることができなくなりますし、クレジットカードも一定期間使えなくなりますので、借金依存から脱出するチャンスとすることもできます。

また、手続き後は借金が減額、または免責されるので、その後の借金の返済が楽になります。

債務整理することは、生活を根本から立て直し、精神的にも経済的にも再生できるので、決して悪い方法ではありません。
借金を自力で解決できそうもない場合は、選択肢の一つとして検討することをおすすめします。

関連記事
苦しい借金返済にお悩みの方へ~債務整理という選択肢~
パチンコなどのギャンブル依存症による借金、生活をしていくための借金、家族から肩代わりした借金など、借金をしてしまう原…[続きを読む]

4.借金が原因で生活が苦しい方は弁護士へ相談を

借金依存は非常に苦しい症状です。
借金依存症以外で借金を繰り返している場合にも、債務の負担で生活が苦しく、返済に追い詰められている人は多いと思います。

その場合には、債務整理が有効な解決策になることもあります。
これ以上債務が膨らむ前に、お早めに弁護士・司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・千代田区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人ユナイテッドローヤーズ/シン・イストワール法律事務所
弁護士法人ユナイテッドローヤーズ/シン・イストワール法律事務所

【全国対応】お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

【全国対応】お客様の借金の状況を細かくお伺いした上で、最適な債務整理方法をご提案いたします。

借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!
監修
弁護士相談Cafe編集部
弁護士ライター、行政書士資格者、FP(ファイナンシャル・プランナー)を中心メンバーとして、今までに、債務整理に関する記事を1,000以上作成、監修。
プロフィール この監修者の記事一覧