借金の消滅時効|成立の条件・中断のリスクなど

「時効」という言葉自体は周知されています。

刑事ドラマなどでよく耳にする「時効」の概念から、「犯罪から逃げ切る(捜査を打ち切られる)」というようなイメージを持っていらっしゃる方も多いでしょう(公訴時効)。

実は、借金についても「時効」の概念が存在します。
これは「消滅時効」と言い、一定期間借金の返済を請求されなかった場合には、借金の返済を免除するという制度をいいます。

このように聞くと、借金を返せなくなった人の中には「時効で踏み倒せるのでは」などと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、自力で対処しようとすると、時効の主張ができなくなってしまう(時効が中断して0から数え直しになる)ことがありますので、注意が必要です。
時効が成立している借金がある場合は、「援用」を弁護士に依頼することで、時効の手続きを迅速に行ってくれます。

この記事では、借金の時効について解説していきます。

1.借金の消滅時効が完成するための要件

基本的に債権(借金)の消滅時効は、消滅時効期間が経過することによって完成します。
では、どれくらいの年数が経過すれば借金の消滅時効が完成するのでしょうか。

2020年4月1日に施行された新民法により消滅時効に関するルールが変更された関係で、借金の成立時期によって消滅時効期間が異なります。

それぞれのパターンについて詳しく解説します。

1-1.2020年3月31日までに成立した借金の場合

新民法施行前の2020年3月31日以前に成立した借金については、①通常の消滅時効が適用されるパターンと、②商事消滅時効が適用されるパターンの2つに分かれます。

①通常の消滅時効

友人や親、親戚などの個人から借金をした場合、「債権を行使できる時から10年」を経過すると、消滅時効が完成します。

なお、「行使できる時」とは、借金の弁済期が到来した日(借金を返すとした期限)を意味します。

②商事消滅時効

一方、銀行・信用金庫・信販会社・消費者金融など、会社に対する借金の場合には、より短い商事消滅時効が適用され、「債権を行使することができる時から5年」を経過すると消滅時効が完成します。

会社は営利上の目的により貸付けを行っていることから、債権を長く放置することは考えにくいという考慮が働き、改正前の民法では、通常よりも短い商事消滅時効が定められていました。

1-2.2020年4月1日以降に成立した借金の場合

新民法が施行された2020年4月1日以降に成立した借金については、新民法の消滅時効に関するルールが適用されます。

新民法では、個人・会社の区別なく、すべての借金について以下の条件にて消滅時効が完成します。

①債権を行使することができることを知った時(主観的起算点)から5年
②債権を行使することができる時(客観的起算点)から10年

上記①または②のうち、いずれか早く到来した時点をもって、借金の消滅時効が完成することになります。
とはいえ、①=②となることがほとんどのため、消滅時効は実質的に全て5年に短縮されたと考えて良いでしょう。

現段階で時効が問題となる借金は、原則①のケース(2020年3月31日以前に成立した借金)となるでしょう。

2.消滅時効が完成しないケース

実は、仮に上記の消滅時効期間が経過していても、時効が完成しないケースがあります。

債権者がある一定の手続きを踏んだり、債務者が知らないうちに下記のような行為をしてしまったりすると、消滅時効は完成しません。

2-1.時効の完成猶予事由(旧:停止事由)が発生した場合

時効の完成猶予事由(改正前民法では停止事由)が発生している間は、消滅時効期間が経過したとしても、消滅時効は完成しません。

時効の完成猶予または停止に関するルールも、借金の成立時期が新民法施行より前か後かによって適用関係が異なります。

2020年3月31日までに成立した借金の時効の停止事由

新民法施行前の2020年3月31日までに成立した借金の時効の停止事由は、以下のものが挙げられます。

  • 天災等
  • 履行の催告(内容証明郵便など)

2020年4月1日以降に成立した借金の時効の完成猶予事由

一方、新民法施行後の2020年4月1日以降に成立した借金の時効の完成猶予事由は以下のとおりです。

  • 裁判上の請求、支払督促、和解、調停、倒産手続参加(民法147条1項)
    →これらの事由によって時効の完成が猶予された場合、その後確定判決または確定判決と同一の効力を有するものによって権利が確定したときは、次に解説する時効の更新事由に該当します(同条2項)。
  • 強制執行、担保権の実行、競売、財産開示手続、第三者からの情報取得手続(民法148条1項)
    →これらの事由によって時効の完成が猶予された場合、その後手続きが終了した段階で時効の更新事由に該当します。ただし、途中で取下げ・取消しにより手続きが終了した場合には、例外的に時効の更新事由に該当しません(同条2項)。
  • 仮差押え、仮処分(民法149条)
  • 履行の催告(民法150条)
  • 協議の合意(民法151条1項)

(※消滅時効期間が経過した後、仮に時効の完成猶予事由(停止事由)が消滅し、かつ下記の時効の更新事由(中断事由)が発生していない場合には、その時点で消滅時効が完成することになります。)

2-2.時効の更新事由(旧:中断事由)が発生した場合

消滅時効は、一定の事由が発生した時点で更新(中断)され、またゼロからカウントし直しになってしまいます。

2020年3月31日までに成立した借金の時効の中断事由

新民法施行前の2020年3月31日までに成立した借金の時効の中断事由としては、以下のとおりです。

  • 裁判上の請求
  • 差押え、仮差押えまたは仮処分
  • 債務の承認

なお、債務の承認とは、債務者自身が借金の存在を明示的または黙示的に認めることをいいます。

債務の承認に該当する例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • (金額の多少にかかわらず)借金を返済する
  • 借金があることを認める書面を作る
  • 借金を支払う意思があるということを口頭で債権者に伝える

2020年4月1日以降に成立した借金の時効の更新事由

一方、新民法施行後の2020年4月1日以降に成立した借金の時効の更新事由は以下のとおりです。

  • 裁判上の請求、支払督促、和解、調停、倒産手続参加に関する権利の確定(民法147条2項)
  • 強制執行、担保権の実行、競売、財産開示手続、第三者からの情報取得手続の手続完了(民法148条2項)
  • 権利の承認(=債務の承認)(民法152条1項)

3.消滅時効の援用について

消滅時効による債務の消滅を主張するためには、消滅時効期間が経過したことのほかに、消滅時効を援用することが必要となります。
援用とは、時効の利益を受けると債務者が債権者に主張をすることを指します。

消滅時効が完成したとしても、任意に債務を支払いたいという人もいます。
このような人の意思を尊重するため、消滅時効による債務の消滅を認定するためには、「消滅時効が完成した」ことを主張することが必要とされています。

これを消滅時効の「援用」といいます。

弁護士などに依頼をして、「消滅時効の起算点などから見て、消滅時効期間が経過しているか」「時効の完成猶予事由(停止事由)や更新事由(中断事由)が発生していないか」を確認した上で、消滅時効が完成していることがわかれば、「消滅時効援用通知書」を内容証明郵便の形式で作成します。

関連記事
消滅時効援用通知書の書き方・書式は?
借金にも「時効」が存在します。 長年放置されていた借金は、「消滅時効」が完成している場合、借金を支払わずに済むことが…[続きを読む]

この消滅時効援用通知書を金融機関に郵送して、金融機関に到達すれば、消滅時効の援用は完了です。

なお、「起算点を間違えていた」などの理由で万が一時効の援用に失敗してしまったら、時効が完成していた債務を支払わなければならなくなる危険もあるので、時効援用は専門家に依頼して行ってもらうことをお勧めします。

4.時効の援用も弁護士へ相談を

今回は、借金の消滅時効について解説しました。

借金について消滅時効が完成しそうという場合には、借金の負担から解放されるために消滅時効の援用を検討しましょう。

しかし、実際には債権者が消滅時効の完成を放置する可能性は低く、特に金融機関などから借り入れを行っている場合には、消滅時効が完成することはほとんど期待できません。
その場合には、債務整理で借金の負担を軽減する方が現実的な選択肢となるでしょう。

消滅時効の援用や債務整理については、弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士は、依頼者の債務の状況を十分に調査した上で「消滅時効を援用できるのか」「債務整理をすべきなのか」「どの債務整理手続きを利用すべきなのか」などを考慮し、依頼者にとって最適な解決方法を提案してくれます。

借金問題でお悩みの際には、一人で悩まずにお早めに弁護士にご相談ください。

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

Cafeおすすめ! 【東京都・中央区】債務整理に強い弁護士
弁護士法人みなと法律事務所
弁護士法人 みなと法律事務所
弁護士法人みなと法律事務所 弁護士法人 みなと法律事務所

ご相談者様のご状況を詳しくお伺いし、経済状況に合わせた適切な債務整理の方法をご提案します。

ご相談者様のご状況を詳しくお伺いし、経済状況に合わせた適切な債務整理の方法をご提案します。

初回のご相談は無料でお受けしております。今まで終わりの見えない返済に苦しまれたかと思いますが、当事務所への電話一本で完結が可能です。
お電話でのお問い合わせはこちら
050-5267-6220
[電話受付]毎日 24時間
電話で相談する 弁護士詳細情報はこちら 弁護士詳細情報はこちら
この記事が役に立ったらシェアしてください!
監修・執筆
阿部由羅 弁護士(あべ ゆら)
ゆら総合法律事務所・代表弁護士。西村あさひ法律事務所・外資系金融機関法務部を経て現職。一般民事から企業法務まで、各種の法律相談を幅広く取り扱う。webメディアにおける法律関連記事の執筆・監修も多数手がけている。
プロフィール この監修・執筆者の記事一覧