自己破産後に住宅ローンを組みたい|審査に通るコツはある?

かつて自己破産をしたものの、その後生活が安定し、新たに家を購入したい住宅ローンを組みたい)と考えている人もいらっしゃるでしょう。

過去に自己破産をした人は、住宅ローンを組むことはできるのでしょうか。
組むことができるとして、何か注意するべき点はあるのでしょうか。

この記事では、自己破産後に住宅ローンを組むことを考えている人に向け、いつ頃から組めるようになるのか、また、審査に通るためのポイントはあるのかを解説します。

なお、自己破産する場合に既に組んでいる住宅ローンがどうなるかについては、以下の記事をご覧ください。

関連記事
自己破産すると住宅ローンはどうなる?
自己破産を行う場合に、一番心配になるのはその後の生活への影響でしょう。 特に、今住んでいる家に関する問題は気になるこ…[続きを読む]

1.自己破産直後に住宅ローンは組めない

そもそも、自己破産後に住宅ローンを組むことは可能なのでしょうか?

結論からいって、自己破産直後には不可能です。

自己破産をすると、信用情報機関に個人情報が登録され、いわゆるブラックリスト入りします。
金融機関はこの信用情報機関のデータベースを参照して住宅ローンの申請を受け入れるかどうか(審査に通すかどうか)を判断しているため、ブラックリストに載っていると「この人は過去に債務整理をしているから、最後まで支払いができないかもしれない」として即却下となるのです。

ブラックリストについて知りたい方は以下の記事を参照してください。

関連記事
債務整理をすると掲載されるブラックリストとは
借金の支払いができないという方の中には「ブラックリストへの掲載」という話が気になり、債務整理に踏み切れない方もいらっ…[続きを読む]

しかし、ブラックリストは一生掲載されるものではありません。
自己破産をした直後は不可能でも、将来的にはローンを組むことが可能となります。

2.自己破産後はいつからローンを組める?

リストからの削除は、自己破産の場合は5年~10年です。
たまに「5年以内にもかかわらず住宅ローンを組めた・通った」という話を聞くかもしれませんが、それは起算点を勘違いしている可能性が高いです。

とはいえ、ブラックリストから削除されたらすぐに住宅ローンの申請をするのは避けた方が賢明です。

ブラックリストから削除された(喪明け)後は、信用情報が真っ白な状態になります。
この状態で住宅ローンを申請しても「これまで何の記録もないということは、債務整理をしたばかりなのだろうか?」と思われてしまい、審査に落ちてしまう可能性があるのです。

もっとも、ブラックリスト削除から2〜3年経過し、携帯電話の分割払いなどの小さな信用を積み重ねていれば、審査を受け入れてくれる金融機関が増えると思われます。

また、整理の対象としなかった金融機関に口座を開設し、少しずつ貯蓄を始めることもお勧めです。
口座利用を行うことにより、いわゆる「クレジットヒストリー」が築かれ、住宅ローンの通過率が上がることがあります。

3.自己破産後にローンを組む際の注意点

では、自己破産後にブラックリストから削除され、更に数年経った時点で住宅ローンを組みたいと考えた場合、何か注意すべき点はあるのでしょうか。

3-1.債務整理をした金融機関にはローン申請をしない

上記の通り、ブラックリストから削除された直後のローン申請は避けた方が無難ですが、これに加え、自己破産などの債務整理の対象にした金融機関にはローン申請を行わないようにしましょう。

金融機関は、信用情報機関とは別に、独自に事故情報の顧客リストを保管していることが通常です(=社内ブラック)。
これは、いつ削除されるかわかりません。永続的に保管されていると考えても良いでしょう。

そのため、自己破産などの債務整理をした借入先にローン申請をせず、別の金融機関を探すべきと言えます。

3-2.審査の甘い機関に申し込む(ろうきんなど)

審査の甘い銀行や金融機関の住宅ローンに申し込めば、信用情報を見ていない可能性もあり、審査が通りやすいと言われています。

具体的には、住宅金融支援機構が運用するフラット35や、ノンバンク提供の住宅ローン、プロパーローンが挙げられます。

また、労働金庫(通称「ろうきん」)も住宅ローンの取り扱いがあり、組合員の構成員や生協会員である場合には手数料が3分の1になるなどのメリットがあります。

そのため、これらの住宅ローンに申し込むこともご検討ください。

3-3.頭金を多く用意する

自己破産後、将来的に住宅ローンを組みたい場合は、頭金を多く用意してください。
頭金が多ければ多いほど、審査は通過しやすくなります。

具体的には、購入価格の2割程度の頭金があると良いとされています。

住宅ローンの審査では、融資比率(購入したい物件に対する借り入れ価格の割合)と返済比率(税引き前の年収総額に対する年間のローン返済割合)が重要となります。
この比率をおさえることで融資を受けやすくなります。

融資比率は8割以下、返済比率を年収の2.5割以下にすると審査が通りやすくなると言われています。

3-4.家族名義でローン申請

ローンが組めない期間が長すぎて待てないという方は、配偶者や家族名義のローンを考えてみてください。
ブラックリストは家族にまで影響しないので、自分以外の名義人ならばローンを組むことが可能です。

配偶者が正社員として働いている場合には、配偶者名義でローンを組むことが可能かもしれません。
また、お子さんが成人して働いているというケースでは、お子さん名義でローンを組むことも考えられます。

4.まとめ

以上のように、自己破産後であってもゆくゆくは住宅ローンを組むことが可能です。
しかし、ブラックリストから削除された直後は難しいことが多いので、長い目で見てローンを組む計画を立てていきましょう。

無事に住宅ローンを組むことができた後でも、その後の資金繰りなどの生活には注意するべきです。
2回目の自己破産は裁判所からも厳しく見られ、失敗してしまう可能性があるため、念入りな返済計画を立てた上でローンを組むことをお勧めします。

関連記事
2回目の自己破産申請は認められるのか?何回までOKか解説
一度自己破産をしたのだから、もう二度と同じ轍は踏まないと誓ったはずなのに、また借金をしてしまった……という人は意外に…[続きを読む]

債務整理に強い弁護士が無料相談いたします

借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。

弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

  1. 毎月の借金の返済が苦しい/借金が一向に減らない
  2. 債務整理したいが自宅だけは手放したくない
  3. 連日の督促・取り立てで精神的につらい
  4. 会社が倒産したので破産処理をしたい

債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。

1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

都道府県から債務整理に強い弁護士を探す

債務整理の無料相談ができる事務所
【東京都・千代田区】
弁護士法人ユナイテッドローヤーズ/シン・イストワール法律事務所
  • 初回相談無料
  • 全国対応
  • 迅速対応
借金に関する悩み事は、家族にすら話しにくくて一人で抱え込んでおられる方もいるかと思います。そんな方の借金問題を最適な方法で解決して、人生を再出発できるようしっかりとサポートいたします。
借金でお悩みなら今すぐ弁護士にご相談を
050-5267-6263
[電話受付]毎日 9:00~21:00
この記事が役に立ったらシェアしてください!
監修
弁護士相談Cafe編集部
弁護士ライター、行政書士資格者、FP(ファイナンシャル・プランナー)を中心メンバーとして、今までに、債務整理に関する記事を1,000以上作成、監修。
プロフィール この監修者の記事一覧